戻る    
中谷グループ沿革
 
●平成19年4月
(株)エフエヌがデジカメ量産終結により、山形事業所が閉鎖となる。

●平成19年11月
中谷総業(株)が中谷産業(株)に統合となる。

●平成20年1月
中谷産業(株)が「倉庫連携生産システム」を導入した立体倉庫が稼働開始する。

●平成21年5月
サンエスエンジニアリング(株)が設立30周年を迎える。

●平成21年10月
中谷産業(株)がセラミックバン通算売上100万箱突破。

●平成22年7月
(株)エフエヌが医薬部外品及び化粧品の製造業許可を取得する。

●平成22年8月
(株)エフエヌが設立30周年を迎える。

●平成22年9月
中谷産業(株)が中国に中谷(蘇州)液晶顕示技術有限公司を設立する。

●平成23年3月
中谷グループが創立60周年を迎える。

●平成23年4月
中井工場敷地内の旧K2棟を取り壊し、緑地化する。

●平成23年8月
中谷産業(株)穂別プロダクトがISO14001の認証を取得。

●平成24年2月
サンエスエンジニアリング(株)がタイにSan-Esu Eng(Thailand)Co.,Ltdを設立する。

●平成24年7月
日栄石油(株)が中井町と「災害時における燃料の供給協力協定」を締結する。

●平成24年9月
中谷産業(株)穂別プロダクトが成型部門を終結する。

●平成24年9月
中谷産業(株)仙台プロダクトがMD生産終了により終結する。

●平成24年12月
中谷商工(株)が設立60周年を迎える。

戻る